ぷー専務日記

失業者だったんですが、秋田の零細企業の専務になりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

店子が基地外

 そういうことも有り得るのです。 [店子が基地外]の続きを読む
  1. 2013/05/23(木) 22:51:11|
  2. 競売と賃貸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

# 柱は腐り、断熱材は皆無ときたもんだ

 宮城から帰って除雪仕事に従事した後は仕事らしい仕事が無いので放置していた物件弄りに着手
  1. 2013/05/22(水) 00:42:46|
  2. 競売と賃貸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜は弘前

 去年は宮城の被災地に稼ぎに行ったりと慌ただしく花見もできなかったが、今年は弘前に行った。
IMG_0345.jpg
 今年は花が遅かったせいか空いていた。
IMG_0341.jpg
 角館もいいけどやはり桜は弘前
IMG_0394.jpg
  1. 2013/05/06(月) 22:44:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤紙書きの大尉

 戦場で名誉の負傷とはいえ、戦場には戻れない体になってしまって国に帰され書類仕事に回された大尉。戦場で中隊を率いて敵に対峙していた将校としての充実感から、実際に仕事をする下士官を監督する日々への変化には戸惑い以上の何かがあったのだろう。当初の日誌は誰それが来着したとか仕事に関係ない記述が多かった。
 それが、ある日を境に仕事の記述が増える。それも「理解出来ズ」「要領ヲ得ズ」「理解シ難シ」「回答ヲ得ズ」「面白カラズ」と、自らが仕事に積極的にかかわり、難航している記述が続いた。
[赤紙書きの大尉]の続きを読む
  1. 2012/07/27(金) 20:55:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

伝説を解釈してみよう

 赤神神社の縁起・999段の石段に纏わる伝説では武帝が連れてきた鬼がなまはげとされている。
 昔の日本の世界観は日本と中国とインドの三国だけなので、外人と言えば中国という程度の意味であり、本当に中国人だったかどうかは当時の日本人にとっては考慮の範囲外のことだったろう。
 前漢の全盛期を築いた武帝をわざわざ持ち出したのは、それほどに強大に見えたという意味なのだろう。つまり、なまはげはたった5匹ではなく、それなりの集団だったはずである。ただし、周辺一帯を制圧・支配できるほどの数ではなかった為にトラブルに際しては征服するのではなく交渉し、やがて立ち去ったということなのだろう。そのうえで、地元に畏怖、もしくは恐怖を抱かせるほどの能力を発揮したことが「999段の石段を一晩で・・・」という話を生んだのだろう。
 もちろん、石段を一晩でという話自体は創作であろう。例えば10時間で作るとすると、平均で毎分1.6段以上の建設スピードとなる。しかも資材の搬入路は建設中の石段だけに限られるため資材の運搬が困難であり、しかも石段が伸びれば伸びるほど資材の運搬時間が伸びて建設ペースは落ちることになる。
 鶏の鳴き真似の話は史記の孟嘗君の鶏鳴狗盗の故事に類似しており、この伝説を書き留めた人間が史記を読んでおり、それを参考にして話を盛ったのだと考えるのが自然だろう。
 ただし、当時の現地人を驚愕させるほどの異能集団であったということは読み取れる。また違う説では異人の遭難者が滑車や優れた結び方のロープを使って石段の建設に貢献した、というものもある。しかし、滑車やロープという道具が具体的な割には工事の規模も時代も全く不明と具体性に大きく欠ける。遭難者が少数であれば現地人の手も借りねばならず、当然にもっと具体的な証言が残されるはずであるし、多数の遭難者が専属で工事したとしてもその間の食費は地元に負わねばならず、無理が有り過ぎる。

 姿形の違う外国人集団が侵入し、他と交わらずにそのままに定着する、という例は無いでは無い。アフガニスタンの奥地にはアレキサンダーの遠征の際についてきてそのまま居残った白人が居るそうだが、排他的コミュニティーを形成して定着するにはそれなりの規模の集団でなくてはならない。外敵との衝突に備えた兵力の形成というのはもちろんだが、ある程度の数が居ないとコミュニティが機能しないというのは現代でも変わらない。限界集落云々は今も昔も変わらない。
 つまり、排他的コミュニティを作るほどの数ではなかったので次第に同化したのだろう。その点で面白いのは新野直吉名誉教授の唱えるコーカソイドとの混血説。ぷー専務にとっては名誉教授というよりは校長としての印象が強いが、四半世紀以上も経ってここでもお世話になるとは。 [伝説を解釈してみよう]の続きを読む
  1. 2012/07/26(木) 23:31:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ramsaysama

Author:ramsaysama
 嫁と二人の幼い娘が居ます。
 零細企業の専務やってます。
 業務の備忘録からチラ裏な落書きまで。

ramseysama@yahoo.co.jp

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。