ぷー専務日記

失業者だったんですが、秋田の零細企業の専務になりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

嘘ばっかり言ってるんで矛盾するわけですよ

魁新聞から転載
「外に出すと怖い」、死亡女性が積雪懸念 クマ牧場事故

 鹿角市八幡平の秋田八幡平クマ牧場で女性従業員2人がヒグマに襲われ死亡した事故で、亡くなった舘花タチさん(69)が3月下旬に「いま(屋外の)運動場に出すと怖い。雪が多くてまだ出せない」と話していたことが25日、家族への取材で分かった。

 タチさんと同居していた三男の会社員悟さん(44)によると、タチさんは毎年春、初めてクマを運動場に出す時には逃げる危険性がないか、積雪を気にかけていた。悟さんは、ことしは4月に入ってから、タチさんが「もう(クマを)放しているよ」と話すのを聞き、危険ではない程度まで積雪が減ったと思ったという。

 亡くなったタチさんの葬儀は24日、舘花タケさん(75)の葬儀が25日にそれぞれ鹿角市内で行われた。葬儀に出席した経営者は、取材に「私が牧場に行くのは、月に2、3度。もっと頻繁に来てしっかり管理するべきだった。全て私の責任。両家にもそう話した」と語った。
 ここまで転載

 さて、コメントでもあったが、県は「積雪時に外に出すな」と指導したと言い、長崎は「聞いてねえ、知らねえ。」と言っているようだが、指導の有無にかかわらず、喰われてしまった従業員は積雪時の運動場解放の危険性を認識していたようだ。これが事実であると、喰われた従業員は運動場に出す訳がない、怖いんだから。
 ということは、喰われたもう一人の従業員か、喰われずに逃げた従業員、もしくは長崎、三人の内の誰かが運動場に出したことになる。
 喰われてしまった従業員は死人に口なし、逃れた従業員の言い分はまだ聞けてないが、猛獣の傍で働く従業員に危険性について認識の差が然程あるとは思えない。誰だって普通に怖いだろう。長崎が出したか、もしくは長崎の指示で出したと考えるのが自然だろう。だって、長崎は危険と考えていないんだもの。また魁記事を転載


県の指導、経営者と認識にずれ クマ牧場死亡事故


 鹿角市の秋田八幡平クマ牧場で女性従業員2人がヒグマに襲われて死亡した事故で、県が22日の記者会見で「3月の立ち入り検査の際、雪が消えてから運動場に放すよう指導し、経営者も了解した」と述べたことについて、牧場の男性経営者(68)は24日の取材に「県から指導は受けていない」と否定した。県と経営者の認識にずれがあることが分かった。

 一方、経営者は事故を受けて牧場を閉鎖する意向を示した。東京のNPO法人にクマの譲渡先の仲介など協力を求めている。

 県生活環境課は22日の記者会見で、3月22日の立ち入り検査の際の牧場側とのやりとりとして、▽運動場に積もった雪を登ってクマが塀を乗り越える危険があるため、運動場には雪が消えてから出すよう指導した▽経営者も「そのつもりです」と答えた—などと述べた。

 これに対し、経営者は「冬に運動場へクマを放すことが危険だと県から指摘されたことはない。個体識別できるように1頭ずつ写真を撮ることは求められたが、放すなとは言われていない。放してはいけないという認識もなかった」と反論した。

(2012/04/25 09:00 更新)

 つまり、危険ではないと考えていたので外に出したのだ。

 しかし、長崎は保身のために自然に嘘をつく男なので先に挙げた最新の記事ではニュアンスが微妙に違う。

 長崎は当初から「月に2,3回しか行っていない。」と、関与が薄いと言い訳をしている。この記事でも同様だが、「全て私の責任」と殊勝なことを言っているように見えるが、「頻繁に来てしっかり管理すべきだった」ということは、「私が来なかったから事故が起きた。」≒「私以外の誰かが事故を起こした」と言っているように見える。
 今日、M社長とこの事件のことを話していて思い出した。この熊牧場、数年前に売りに出された時にウチにも買わないかと話が持ち込まれた。ただ、その時点では50頭くらい居たはず。
「殺して食べたり毛皮とか熊の胆とか売れば儲かるんじゃね?」
と思ったものの、殺しちゃだめだということで、あの山奥でどうやって儲けるのか不思議だった。ちなみに話を持ち込んできたのが今は亡きK社長
スポンサーサイト
  1. 2012/04/27(金) 02:54:22|
  2. ワルイコト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<長崎貞之進容疑者やっと逮捕 | ホーム | 秋田八幡平クマ牧場経営者の長崎貞之進って>>

コメント

県が反省の弁
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20120501-OYT8T01306.htm

無茶苦茶な経営を止められなかったのは事実。事故が起こった時点で負け試合。
おにぎり事件でもそうだけど、秋田県は最初はミスを認めず相手を攻撃し、あとで批判を受けてから謝る。 予測能力が極めて低い。
  1. 2012/05/03(木) 08:45:15 |
  2. URL |
  3. 鬼平 #YG9ONXHE
  4. [ 編集]

 何度指導しても管理台帳すら作らないというふざけた経営者に口頭注意。県の軽率な指導には敬服するばかりです。
 結果、二人も喰われてしまったわけですが、三人目のおじいさんも逃げ切れずに喰われていた場合、事件はどのように拡大し、どの時点で発覚していたのでしょう?
  1. 2012/05/09(水) 03:37:16 |
  2. URL |
  3. ぷー専務 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ramsaysama.blog89.fc2.com/tb.php/471-a10d742e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ramsaysama

Author:ramsaysama
 嫁と二人の幼い娘が居ます。
 零細企業の専務やってます。
 業務の備忘録からチラ裏な落書きまで。

ramseysama@yahoo.co.jp

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。