ぷー専務日記

失業者だったんですが、秋田の零細企業の専務になりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

根抵当権仮登記抹消やっと完了

 権利者が二人で三筆、しかも住所変わってるし、義務者も住所変わってるし。手間かかった。

 後は政策金融株式会社の借金を一部代位弁済したことになってるという方のご遺族?それと信用保証協会。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/08(月) 13:47:02|
  2. マヌケもここまでいくとある意味アートなんじゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また取り下げ。

三筆同時にやろうとしたら駄目だしされて取り下げ、二つに分けて登記申請書作り直したんですが、また駄目で一筆ずつ登記申請書を作らなくてはならなくなりましたよ。印紙の再使用証明が2回打たれた紙なんて初めて見た。
 しかも、義務者の住所が変わってるんで登記事項証明も必要だー。

 代位弁済したとされる方の遺族とは連絡が取れないので、最悪、裁判まで見据えて手続き~
  1. 2011/07/11(月) 16:05:19|
  2. マヌケもここまでいくとある意味アートなんじゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

捜査員に落ち度があったという認識は全くない

と言っていたという県警の加藤健捜査1課長はとりあえず警察は辞めて交通誘導とかの仕事とかに転職されたらいかがでしょうか?反省しようにも問題点を認識できないのではお話になりません。

初動態勢検証求める会を結成 津谷弁護士刺殺で同僚有志

 「故津谷裕貴弁護士の会」の結成を発表する代表の吉岡和弘弁護士。右は紀藤正樹弁護士=22日午前、東京・霞が関の司法記者クラブ
 秋田市の弁護士津谷裕貴さん(55)が刺殺された事件を受け、親交があった弁護士有志らが22日、秋田県警の初動態勢の検証や事件の真相究明を求めて「故津谷裕貴弁護士の会」を結成した。

 メンバーは津谷さんが委員長を務めていた日弁連消費者問題対策委員会の弁護士が中心。代表は前任の委員長だった吉岡和弘弁護士=仙台弁護士会=が務める。

 秋田弁護士会の木元慎一弁護士ら有志約20人もこの日、地元の会を結成。連携しながら活動する予定。

 東京・霞が関の司法記者クラブで会見した吉岡弁護士は「何人もの警察官が現場にいながら津谷さんを犯人と間違えて取り押さえ、結果として犯人に殺害されたのは驚くべき事態だ」と指摘。「初動捜査の在り方を検証するためには、当事者ではない県警以外の第三者機関による調査が必要だ」と述べた。

 県警によると、津谷さんは4日、自宅に侵入した菅原勝男容疑者(66)=殺人容疑で送検=ともみ合いになり、警官2人が津谷さんを犯人と間違えたすきに刺殺された。

2010/11/22 12:17 【共同通信】
  1. 2010/11/22(月) 17:10:11|
  2. マヌケもここまでいくとある意味アートなんじゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

犯人がどれほど間抜けでも県警はそれ以上に間抜けなのでー

菅原容疑者「中国人から50万円で買った」(秋田県)
■ 動画をみる 秋田市で弁護士の男性が殺害された事件で、逮捕された男が「拳銃は秋田港で中国人から50万円で買った」と供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。この事件は今月4日、秋田市で弁護士の津谷裕貴さんが刃物で刺され死亡したものです。逮捕された菅原勝男容疑者は、現場に「マカロフ」とみられる自動式の拳銃と予備の銃弾5発を持ち込んでいて警察が調べた結果、殺傷能力のある本物の拳銃であることがわかっています。これまでの調べに対し菅原容疑者は「拳銃は数年前に秋田港で中国人から50万円で買った」と供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。菅原容疑者は元妻との離婚調停に携わった津谷さんに一方的に恨みを持ち「長年にわたって犯行を計画していた」という趣旨の供述もしているということで、警察で調べを進めています。
[ 11/10 11:54 秋田放送]


 マカロフっていうとソ連の?
 中国でコピーした59式?とかじゃないのかね?
 それにしてもセイフティ下げてスライド引いてトリガー絞れば弾は出ると思うんだけど、何年も前に大金かけて調達して予備弾まで持ち込んだのに、撃ち方は練習してなかったんですか?
 まあ、どれほど犯人が間抜けでも秋田県警は輪をかけて間抜けなんで結果に変わりは無かった訳ですが。
  1. 2010/11/12(金) 22:46:02|
  2. マヌケもここまでいくとある意味アートなんじゃ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

秋田県警、結果的に殺人犯をアシスト

警察官が弁護士を犯人と誤認、そのスキに刺す

 秋田市の弁護士津谷裕貴さん(55)が刺殺された事件で、殺人容疑で秋田県警に逮捕された同市泉中央、無職菅原勝男容疑者(66)は、現場に駆けつけた警察官が、菅原容疑者から奪い取った拳銃のようなものを手にしていた津谷さんを犯人と誤認し、津谷さんを押さえつけるようにして拳銃のようなものを取り上げているすきをつくようにして、隠し持っていた刃物で津谷さんを刺していたことがわかった。


 県警の発表によると、菅原容疑者が津谷さん宅に押しかけたのは4日午前4時頃。菅原容疑者は拳銃のようなものを手にしており、津谷さんと室内でもみ合いになった。津谷さんが拳銃のようなものを奪い取ったところで、通報を受けた警察官2人が現場に到着。

 警察官は、津谷さんを犯人と誤認し、2人で両脇から津谷さんを挟み込むようにして拳銃のようなものを取り上げた。その時、菅原容疑者は隠し持っていた剪定(せんてい)ばさみの片刃(刃渡り約20センチ)を取り出すと、警察官1人に向かって突進。警察官はとっさに菅原容疑者をかわしたが、その直後に津谷さんが刺された。

(2010年11月4日22時03分 読売新聞)
[秋田県警、結果的に殺人犯をアシスト]の続きを読む
  1. 2010/11/04(木) 23:15:54|
  2. マヌケもここまでいくとある意味アートなんじゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

ramsaysama

Author:ramsaysama
 嫁と二人の幼い娘が居ます。
 零細企業の専務やってます。
 業務の備忘録からチラ裏な落書きまで。

ramseysama@yahoo.co.jp

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。